ちょろQの覚書でぇ~す

ヨーグルティアでR-1ヨーグルトを作ろう!

2016/11/26 更新
快通~快感でぇ~す!

 別に通じの悪いほうではないのですが乳製品全般が好きで自家製ヨーグルトをヨーグルトメーカー(1000mlのパック入り牛乳で市販のブレーンヨーグルトを種菌とするタイプ)で作ってたんです。が...乳酸菌R-1ヨーグルトの密造というサイトを見つけ、その他の類似サイトを参考にし、ちょろQなりにまとめてみたので紹介します。

参考に
 数年、失敗がなく現在に至っています。が...種菌を投入後の撹拌が不足でちょっと、ゆるめのヨーグルトになったことが1回。夏に夜取り出すところを忘れて翌朝になり、ちょっと、すっぱめになったことが1回(忘れて翌朝に取り出すということは、しょっちゅうですがほとんど大丈夫です。かえって熟成が増しプルンプルンになっています。)

長く継続していくには?、ということを念頭に作業の無駄を省くことに腐心しました。

用意するもの
TANICA ヨーグルティア
R-1牛乳セット

手順
1 「手洗い」を済ませ、棒温度計殺菌のための、ケトルにお湯を沸かします。
消毒
2 内容器に大さじ(後に使用するので殺菌しておく。)を入れ水を容器の底が隠れる程度(約50cc)加えて内ぶたを閉じ、電子レンジ(500W)で2分間加熱する。(この際、ネジぶたはしない。)

3 内容器にステック砂糖(5g×6本)またはグラニュー糖を大匙2杯(30g)入れて牛乳(成分無調整)1000mlを投入する。(保管時は、ステック砂糖またはグラニュー糖の衛生管理に注意。また、ダイエットを考慮している方は無糖でも構いません。)

4 材料投入後の内容器を電子レンジで夏5分、冬6分ほど(レンジの性能にもよるが液温43℃をめどに設定する。)

5 温度を測る前に棒温度計を先ほど沸かした湯で熱消毒する。(熱消毒は100℃で30秒間らしいが、ちょろQは、ケトルの熱湯を棒温度計にそそぐだけです。)液温が高いときはボールに水を張って43℃まで冷やし、種菌(成分が分離しているのでよく振って撹拌しておく。)大さじ2杯入れ、そのまま大さじで砂糖を溶かすように撹拌する。(この撹拌が重要で、おざなりにすると、ゆるいヨーグルトになる。)

6 ネジぶたを内容器に装着し本体を43℃、12時間で設定し、スタート

7 発酵後、冷蔵庫で2時間程度冷やします。

 種菌は3回に分けて使用してます。(長いときは冷蔵庫で3~5週間も保存していますが早めに使い切ったほうがよいでしょう。)

まとめ
手洗い」「熱消毒」「温度管理」、これを念頭に置いておけば失敗はありません。

次回はヨーグルティアで甘酒を作ろう!です。

追記
ホットヨーグルトで (2015/9/26 TVより)
乳酸菌の繁殖温度は40℃程で肌の新陳代謝にも良いとしています。
(ティーカップ1杯のヨーグルトを500Wの電子レンジで1分間だと温度が高すぎるので30秒ぐらいから始めるとよいかも...)

追記2
 TANICA ヨーグルティアを、アマゾンで2013年頃に4千円台で購入した記憶があるのだけど最近(2016)は、法外な値がついて手軽に楽しめるようではなくなってきてますね。メーカーの猛省を促したいと思います。

追記3
TANICAでR-1ヨーグルト試作のページがあったので紹介します。

14/11/12 掲載

ヨーグルティアで甘酒を作ろう!

2016/11/19 更新
前回はヨーグルティアでR-1ヨーグルトを作ろう!でしたが今回は甘酒に挑戦します。

飲む点滴と言われるぐらい栄養価の高い食品です。(江戸時代には夏バテ防止に夏に売られていたそうです。)
ヨーグルトほど気を使わず大雑把で、いいかも...。
一度やると病みつきになりますよ♪ 快通~快感でぇ~す!

用意するもの
計量器

 冷やご飯1膳(約150g)を入れた鍋に水を600cc入れ、お粥を作ります。
(ちょろQは、さらさら風味が好きなので水を多めにしていますが固めが好きな方は500ccにしてください。)

 その間に、水を内容器の底が隠れる程度(約50cc)加えて内ぶたを閉じ、電子レンジで2分間加熱し消毒します。(この際、ネジぶたはしない。)
こうじ
 消毒の終わった内容器にほぐした麹150gを投じます。(調理用はかりがないときは麹袋に記載されているグラム表示を参考に多少多めの目見当で。)

 棒温度計と菜箸とで熱消毒を兼ね、沸いたお粥を混ぜます。お米の固まりの無いようにします。

 お粥の鍋を水の張ったボールに浸し55℃まで冷まします。

 55℃に冷めたお粥を麹の入った内容器に投じ、よく撹拌します。

 ヨーグルティア本体で55℃、10時間に設定してスタートです。
(ヨーグルティアに付属するマニュアルには60℃で6時間とありますが甘さが薄めに感じられます。)

後記
 冒頭で述べた「快通~快感でぇ~す!」ですが、ヨーグルトを食べていると通じがよいように思われている方がいるかもしれません。が、そうでもありません。

ヨーグルト+甘酒

 あるとき、同じ発酵食品だからとヨーグルトに甘酒を加えたところ、何ともおいしくて、ついつい毎日続けてしまいました。10日が過ぎたころに実感したのですが通じが快調なんです。万人に共通とは思いませんが是非、お試しあれ

追記
ここのところ、無糖のヨーグルトに甘酒とオリゴ糖や蜂蜜を加えて楽しんでいます。
 この組み合わせで朝食時に1カップを食し、半年以上過ぎましたが、朝食前に快通なんて...よく、ありますね。...どうも...蜂蜜...かな?...?

追記2
2016.1.18 産経ニュースより
 甘酒にはブドウ糖やビタミンB群、必須アミノ酸、オリゴ糖、食物繊維など数々の栄養素が含まれている。ブドウ糖やビタミンB群は疲労回復、オリゴ糖や食物繊維は腸内の善玉菌を増やして免疫力を高めることなどがよく知られている。このほか、生活習慣病の改善、高血圧や肥満の予防などにも役立つとされる。

2016/11/19 ニューズウィークより
甘酒......心の傷まで治してくれる、飲む点滴・甘酒

と、ありましたので紹介します。

2014/11/13 掲載

このカテゴリーに該当する記事はありません。